イラスト映画批評【ウルフ・オブ・ウォールストリート40点】レオナルド・ディカプリオ出演




作品データー

2013年/アメリカ/179分『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

The Wolf of Wall Street

  • 監督:マーティン・スコセッシ
  • 脚本:テレンス・ウィンター
  • 撮影:ロドリゴ・プリエト
  • 音楽:ハワード・ショア
  • 出演:レオナルド・ディカプリオ/ジョナ・ヒル/ジャン・デュジャルダン/ロブ・ライナー/カイル・チャンドラー/マーゴット・ロビー/ジョン・ファヴローマシュー・マコノヒー

予告編動画

解説

ウルフ・オブ・ウォールストリート』(The Wolf of Wall Street)は、2013年のアメリカ合衆国の伝記・コメディ映画。ジョーダン・ベルフォートの回想録『ウォール街狂乱日記 – 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』を原作としたマーティン・スコセッシ監督作品である。脚本はテレンス・ウィンターが執筆し、レオナルド・ディカプリオがベルフォートを演じるほか、ジョナ・ヒル、ジャン・デュジャルダン、ロブ・ライナー、カイル・チャンドラー、マシュー・マコノヒーらが共演する。スコセッシとディカプリオのコラボレーションは今作で5度目である。日本公開版ポスターのキャッチコピーは「貯金ゼロから年収49億円 ヤバすぎる人生へ、ようこそ。」

あらすじ

22歳の若きジョーダン(レオナルド・ディカプリオ)は、入社した大手証券会社で株取引の資格を得るため、半年間に渡る研修をようやく終えた初日にブラックマンデーに遭遇し、あえなく失職する。

失意の中、再就職先で株式仲買人の仕事を始め、1株6セント足らずで仲介手数料を50%受け取れるジャンク債と自慢の話術を武器に、売り込みの電話をかけると皆から凄腕と称賛されるほどの頭角を現していく。

その後、家具屋に勤めていたドニー(ジョナ・ヒル)やマリファナの密売人達を雇い入れて26歳でストラットン・オークモント社を設立。投資詐欺とマネーロンダリングを中心とした経営で年収4900万ドルを荒稼ぎし、ウォール街で「ウルフ」と呼ばれるまでになる。連日のように開くパーティーで出会った美人モデルのナオミ(マーゴット・ロビー)と意気投合。ナオミと結婚するため最初の妻と離婚し、ナオミと名付けた豪華クルーザーを彼女へプレゼントする。

その後、オークモント社は不正利益からFBIの捜査対象となり、彼の破天荒な人生は更にめちゃくちゃな方向に転がり始める・・・。

感想

会社でドラックにセック ス!?これがノンフィクションとはイかれてる

サラリーマンとして働く日本人にとってこの映画は常識を大きく凌駕する内容だった。主人公ジョーダンは株式仲買人で人を騙し、大きく稼いでいくのだが会社の景色がイかれすぎだ。

会社の地下には売春婦が常に待機しており。実際に社内に「セックス禁止区域」のサインを貼っていたとは驚きだ。それほどどこでもやりまくっていたということなのか。

他には社内で小人をダーツボードに投げたり、チンパンジーがいたりなんでもありの状態だ。

「こんな世界があるのか!」と驚きの世界を知れただけでこの映画を見る価値はあるかも。

実際に大金を手にした男の話は参考になる

26歳で年収49億円という破格の大金を手にした男の話なので、どのように金を得るのか?営業ノウハウは参考になる。

主人公ジョーダンは営業スキルがあるのかテストするためにこのような質問をする

「オレにこのペンを売ってみろ」

あなたはどう答えますか?

「このペンは高性能でとてもいいペンです買いませんか?」

などペンがどこが優れているのかを言ったらあなたは失格。

正解は映画でクスリの売人が答える。それは

「このナプキンに名前を書いてくれないか?」と言ってペンを差し出す

これは無理矢理でもいいから需要を作り出せということ。人間は目的があるために行動をする。ペンを買うときペンが欲しいから買うのではなく、ペンを使って何かしたいから買うのである。

例えば街で歩いていて美人に遭遇し、ナンパに成功できた。しかし美人から「今時間がないからここに連絡先を書いてくれ」と言われたらあなたはどうする。

ペンを必死に探すのではないだろうか?そしてその時にペンが目の前にあったら買うだろう。

映画を見ればどのように成功するのか知ることができるので営業マンにとって参考になるだろう。

犯罪者でも人から支持される

終盤主人公ジョーダンは逮捕され人生どん底だと思いきゃ、刑期を終えたらセールストークセミナーとして人から支持されていた。

まるで堀江貴文(ホリエモン)のようだ。犯罪者でも突き抜ければ人から支持されるのだ。

人生どう転んでも立ち上がれば何とにでもなるというメッセージを私は受け取った。

評価

映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」40点

Goodpoint

  1. 実際に金を掴んだ男の話なので見ていて勉強になるところがある
  2. 営業のノウハウを教えてもらえる
  3. 女優マーゴット・ロビーがエ ロくて可愛い
  4. ディカプリオと女優の絡みは見ていて興奮する

Badpoint

  1. 金を掴んだ後に、使う目的があまりにも陳腐でありきたり(金・女・酒・クスリ)
  2. 子供が見るには刺激的すぎるシーンが多数ある

今回の減点ポイントは?

今回の減点ポイントとして欲望にまみれて不幸になってく様はよく見るパターンなので意外性がなかった。映画で流れが分かるのは見ていてつまらない。

また主人公が欲望にまみれた人間で最後まで変わらないのは胸くそが悪い。

映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」の名言

オレにこのペンを売ってみろ

今ならU-NEXTで映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」が見れます↓

比較表

月額料金(税別) コンテンツ数 画質 無料お試し期間 ダウンロード機能
Hulu 933円 4万以上 HD 14日間 ×
U-NEXT 1990円 11万以上 フルHD/4K 31日間
Amazonプライムビデオ 370円(年会員だと月額実質300円) 3万5000以上 SD/HD/4K 30日間

主要な動画配信サービス5つについて、以下に特徴・レビューをまとめてみました。無料トライアル体験と併せて、サービス比較の検討材料にしてみてください。

U-NEXT(ユーネクスト)

2007年に提供開始した「U-NEXT」は、国内の動画配信サービスでも古参の存在。月額料金は1990円と他サービスに比べて少々高めですが、映像コンテンツ数で12万以上(dTVに匹敵)を取り揃えるほか、料金内で70誌ほどの雑誌が読み放題となっています。

作品の配信タイミングも早く、更新頻度が高いのも特長。新作を中心に個別課金の必要なPPV作品も少なくありませんが、定額料金内で毎月付与される1200ポイント(1ポイント=1円分)での視聴ができるので、他サービスでは見られないような人気作品も月に3本程度は楽しめます。また、サービス内で貯めたポイントが映画館(イオン・松竹・ユナイテッド等)でのチケットとの交換や割引に使えるサービスもユニークです。

映像の画質は基本フルHDで、クリアで見やすい印象。視聴可能デバイスも、ほとんどのものを網羅します。子アカウントを無料で3つまで追加し、最大4ストリームでの視聴がおこなえる「ファミリーアカウント」も便利です。スマホとタブレットに限って、コンテンツをダウンロードしてオフライン再生する機能も用意されます。

「U-NEXT」レビュー:とにかく豊富な品揃え、見放題と毎月のポイントで攻略したい動画配信サービス

最近ではUIを刷新したほか、4Kコンテンツの配信も開始するなど、老舗サービスながらも日々進化している印象。少々お金を出しても新作やアダルト、雑誌もいろいろ見たい、という旺盛なユーザーにオススメできるサービスです。

  • 月額料金:1990円(税別)
  • 総コンテンツ数:11万以上
  • 画質:フルHD/4K
  • 個別課金(PPV):あり
  • 無料お試し期間:31日間

Hulu(フールー)

Hulu」は、国内では動画配信サービスの先駆け。米国発のサービスだけに、とりわけ海外ドラマのコンテンツ数は最上位クラスの品揃えとなっています。国内会員数は150万を超えています。

国内事業が日本テレビに買収されたこともあり、ドラマを中心に国内のテレビ系コンテンツが充実。日テレだけでなく、TBS・NHK・フジテレビをはじめとした主要キー局の人気番組をカバーし、テレビ放送とほぼ同時の見逃し配信も多くなっています。アニメに関しても比較的豊富なラインナップで、今後のコンテンツ拡充にも期待できそうなサービスといえます。

「Hulu」2年以上使ってレビュー:海外ドラマ好きは外せない、テレビの見逃し配信や高画質も魅力の動画配信サービス

追加料金がかかるペイパービュー(PPV)はなく、コンテンツは完全見放題。ほぼ全コンテンツがHD画質で楽しめるなど、このあたりの安定感はさすがです。テレビ機器からスマホ、タブレット、Chromecast、Fire TV、ゲーム機まで多くのデバイスに対応しますが、同一アカウントで同時に複数デバイスによる視聴はできません。ダウンロード機能はなし。無料トライアル期間は他サービスに比べてやや短めに設定(2週間)されています。

2017年5月に大幅リニューアルが実施され、一部混乱もみられましたが、スマホやタブレットのアプリ版/ウェブ版、テレビ向け、ゲーム機向けなどデバイスごとに最適化されたデザインに進化。また、これまでパソコンでしか視聴できなかった音楽ライブやスポーツ、FOXチャンネルなどのリアルタイム配信が、スマホやタブレットからも見られるようになりました。キッズ作品のみ表示のアクセス制限に対応し、ファミリーでも安心して使えます。

  • 月額料金:933円(税別)
  • 総コンテンツ数:4万以上
  • 画質:HD
  • 個別課金(PPV):なし
  • 無料お試し期間:14日間

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)

Amazonプライムビデオ」の最大の強みは、Amazonプライム会員(月額400円、年会費3900円)なら追加料金なしで利用できるという点。つまり、動画見放題サービスだけでなく、音楽聴き放題サービスである「Prime Music」や、Amazonの買い物で当日お急ぎ便やお届け日時指定便などもすべて月325円(年会費を12カ月で割った額)で使える、大変リーズナブルなものとなっているわけです。

Amazonプライムビデオ

Netflix同様、2015年9月に国内サービスを開始し、日本では後発組に含まれますが、国内外の映画やテレビ・ドラマ、オリジナル制作の作品などラインナップ自体は少なくありません(コンテンツ数は3.5万以上)。画質はSD/HD/4Kで、ダウンロード(オフライン再生)機能も備えます。

しかしながら弱点も散見され、個別にレンタル購入が必要なPPV作品が多くを占めており、実際に見放題できるものはある程度限られています。また、Chromecastが非対応デバイスとなっており、テレビで視聴するにはAmazon Fire TV(Stick)やApple TVなどが必要になります。

それでも、他のプライム会員特典も料金内で享受できると考えれば余裕で目をつむれるとも言え、コストパフォーマンスを重視して手軽に楽しみたい人には、最も魅力的に映るサービスでしょう。最新の作品にこだわらなければ、プライムビデオはおすすめです。

コスパは高いが満足度は低い?「Amazonプライム・ビデオ」5つの魅力と3つの欠点

  • 月額料金:400円(税込)/ Amazonプライム年会費3900円=実質325円(税込)
  • 総コンテンツ数:3.5万以上
  • 画質:SD/HD/4K
  • 個別課金(PPV):あり
  • 無料お試し期間:30日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です